ED治療薬のレビトラにはどんな副作用があるのでしょうか?

レビトラはED治療薬として効果がとても強く、即効性があり人気があり数多くの人に利用されていますが、成分が強いために副作用があります。一般的な副作用は、服用後に頭痛や顔のほてり、鼻水、鼻づまり、視力の低下や目の充血などがあります。

症状により出る人と出ない人に別れますが、顔のほてりや軽い頭痛はほとんどの人が味わう事になります。時間が経つにつれて収まってくるので、あまりにも酷い時には少し我慢が必要になります。しかし用法と容量を守っていれば体に対する危険性はありませんので安心して使う事が来ます。

レビトラの副作用

レビトラの副作用 イメージ

レビトラは、バイアグラに続いて登場したEDの治療薬です。有効成分として、バルデナフィルが配合されています。バルデナフィルは、PDE5型酵素阻害薬というジャンルの医薬品です。

レビトラの副作用について知るには、まずは男性の勃起現象が起きる仕組みと、PDE5型阻害薬のバルデナフィルの効能について理解しておく必要があります。

まず、男性が性的な刺激を受けたり興奮すると、体内に一酸化窒素が発生します。そして、一酸化窒素が誘因となって、血管拡張物質が性器の細胞に大量に生成されます。

この血管拡張物質の作用によって、陰茎の海綿体の中を通っている太い動脈血管が拡張して、そこにたくさんの血液が流入します。これが男性の勃起現象が起きる仕組みです。

一方、勃起が終息する時には体内に元からある酵素の一種が作用します。この酵素がPDE5型酵素です。PDE5型酵素には、血管拡張物質を破壊する作用があります。

勃起現象が起きている時にPDE5型酵素が働くと、血管拡張物質が破壊されて減り、陰茎の血管が弛緩して血流量が低下し勃起現象が終息します。

ED治療薬として開発されたレビトラの有効成分のバルデナフィルは、このPDE5型酵素の働きをシャットアウトする薬です。

PDE5型酵素の働きを邪魔することで勃起現象が起こるのに必要な血管拡張物質が減らないので、陰茎内の動脈血管が拡張し続け、また血流も維持されるので勃起現象が継続します。

このように、有効成分のバルデナフィルには陰茎の動脈血管の拡張を継続することで勃起の維持をサポートするという効果・効能があります。

男性の勃起現象が起きるメカニズムに沿って開発された医薬品なので、媚薬のように服用することで性的な興奮とは無関係にずっと勃起が続くということはありません。

あくまで性的に興奮したり刺激を受けた時に血管の拡張を維持する効能を発揮します。 ここで、どんな薬についても言えることですが、医薬品として使用する以上は、どんな副作用が見られるかについて知っておく必要があります。

有効成分として配合されているバルデナフィルにはPDE5型酵素の作用を阻害して血管の拡張を維持する作用があるので、レビトラを服用することによって血管の拡張に由来するいろいろな副作用が見られます。

顔面の紅潮やほてり感、軽い頭痛、目の充血、動悸などはレビトラを使用する男性に高い割合で発現する軽微な副作用であり、危険性はありません。