ED治療薬のレビトラと血圧には密接な関係性があった?

レビトラと血圧の関係性については、数々の媒体で取り上げられることがありますが、健康意識を高めるうえで、様々な治療薬の効能や副作用を調べることがおすすめです。

特に、血圧を下げる効果のある薬剤の使い方については、素人が判断しにくいところがあるため、少しでも迷っていることがある場合には、かかりつけの医師に相談を持ち掛けることが欠かせません。また、日ごろからレビトラを使用している人の体験談を参考にすることが肝心です。

レビトラと血圧

レビトラと血圧の関係性 イメージ

レビトラと血圧の関係性はどうなっているのでしょうか。この薬は勃起を維持させる薬ですから、何かイメージ的には血圧を上げる働きがありそうに思えます。

しかし、結論を先に言いますと全くの逆です。レビトラはどちらかというと血圧を下げる働きがあるのです。

もしかしたら聞いたことがある人もいるかもしれませんし、話のネタに知っておいても損はないでしょうが、この薬は初めから勃起不全の治療薬として開発されたわけではありません。

実は、高血圧の治療薬として初めは開発されていたのです。つまり、血圧を下げるための薬です。

しかし、薬の開発というのは難しいもので、この薬は思ったほどの効果を発揮しませんでした。そういうことは良くあります。

研究室での実験段階や、動物実験でこれは効くはずだと思われた薬でも、実際に臨床試験をしてみると思ったほどの効果がないなどのことがあります。

また、思わぬ副作用があるなどの理由により最終的には薬にはならない物質はそれこそごまんとあるのです。ということで、この薬は思ったほどには下がらず、開発中止ということになりかけたのです。

ところが、もう開発も中止ということで、臨床試験に参加していた人から手元に残っている未服用の薬を回収しようとしたところ、なかなか回収を渋る人がいました。

理由を聞いても口を濁して話そうとしません。しかし、臨床試験中の薬はあくまでテスト中のものであって、効果も十分でないと分かれば回収するのが製薬会社にとっての努めです。変に流用されたりしては困ったことになるからです。

そこで何とか理由を問いただしたところ、答えはもう分かったと思いますが、どうもこの薬を飲むとペニスが元気になるようなので、という話が患者さんからあったのです。

一応、医学的に言いますと、血圧を下げるということとペニスが元気になる、つまり勃起が維持されるということの間にははっきりとしたつながりがあります。

つまり、その患者さんの話は単なる荒唐無稽なものとは言い切れない、もしかしたら本当に薬としての効果があるものなのかもしれないのではということになりました。

ということになり、開発方針を大きく転換して高血圧の薬から勃起不全の薬として開発が行われることになりました。そして、見事にそちらの臨床試験はクリアして効果と安全性が確かめられて世に生み出されたのがレビトラでありその他のED治療薬ということになるのです。

ということで、最終的には高血圧の薬にはならなかったものの、ある程度は血圧を下げる働きを持っているのです。