レビトラは飲むタイミングが肝心!先ず飲み方を覚えよう!

レビトラは即効性のあるED治療薬として有名で、飲んでから早い人で10分程度、遅い人でも20分程度もあれば十分に効き目を実感出来るのです。

レビトラを飲むタイミングは、性行為を行う直前に飲むようにしてもしっかりと成分効果を味わう事が出来るのです。飲みやすいタイミングは、ベットや布団に入る前が理想的で、隠れて飲むにはちょうど良い時間となります。実際には空腹時の服用が良いと言われていますが、実際には横になる前が良いのです。

レビトラを飲むタイミング

レビトラを飲むタイミング イメージ

レビトラとは、EDの治療薬として有名なバイアグラの次に開発された薬でドイツの製薬会社で作られました。

薬品名の由来も、直ぐに着火、素早く効くというコンセプトがあります。クリニックで処方されますが、どこの医療機関でも保険外適用となり自費診療となります。

結論から先に申しますと、レビトラは即効性の薬であり空腹時に飲めば20分程で効果を発揮します。

飲むタイミングとしては、性行為を行う1時間前がベストです。やはり名前の由来通り即効性の高い薬なのです。

但しそのEDに対してのレビトラの原理または作用や副作用、注意点があるので下記に説明致します。

男性の性器は、性的刺激や脳の興奮等で勃起しますが、その際に一酸化炭素が放出され血管が拡張される物質が増える事で起きます。そして、放出された酵素が壊す事で海綿体の血管が収縮して勃起が始まります。

レビトラは勃起を継続させるために必要な酵素を壊す物質を阻害する役割があります。すなわち薬そのものは勃起する薬ではなく、性的興奮や刺激を受け勃起した時にそれを補助する薬なのです。

また、バイアグラよりは吸収が早いため食事の影響はないと言われていますが、食事にも左右されるので効果を高めるには空腹時の方が吸収率は良いのです。

薬の作用時間としては、10mgなら4~5時間程度で20㎎なら8~10時間程度作用します。服用は1日1回で服用間隔としては24時間以上空けます。

飲用する際は、水以外のものでも構いませんが、アルコールと一緒に飲む時は注意が必要です。血管拡張効果があるため、アルコールが一気に身体に回る恐れがあり、もともとアルコールが弱い方は尚更危険です。

尚、もともと血糖値が高い方や糖尿病がある方は効き目が薄いと言われています。また高血圧やうつ病の薬を服用している方もその薬剤の影響で効き目が低くなります。

副作用としては、顔の火照りや目の充血、鼻づまりや動悸、頭痛などがありますがこれは殆どの方に付随している副作用なので、あまり気にしなくても大丈夫です。

その他として、EDの薬は本人の体質により合う合わないがあるので、副作用が出たり効果そのものも人によって違ってきます。色々と試して自分に合うものを選定するのも良いです。

また、ジェネリックとしも出ており、中には偽物も多く出回っているので注意が必要です。重複しますがレビトラはEDの薬の中でも即効性が高いので、飲むタイミングは性行為を行う1時間前と覚えてて下さい。